女子大生を口説いた恐るべき14歳の中学生

一般的に女性が恋愛の対象と考える男性はじぶんよりもレベルの高いオトコになります。

これについては男性の方でも認識しているのでバランスが合わないと感じる女性のことを高嶺の花などと称して「自分にはムリ」とアプローチの前から諦めてしまう傾向にあります。

しかし、確かに何がしかの部分においてはレベルが高いに越したことはありませんが、そこを判断するのも女性です。

逆に自分のレベルが高いと自信を持っていても相手の女性が同じ評価をしてくれるとは限りません。

もちろんこれは男性だけではなく女性にも同じことが言えます。

そう考えるとアプローチの糸口が見えてくると思いませんか?

世の中には誰が見てもイイ男とかイイ女が存在します。

ですが当の本人にはその様な自覚があるとは限りません。

もっとも我が国の国民性として自称イイ女なんてのは自惚れが強いと批判されやすい傾向にありますが、現実にモテまくりの人生であれば当然の結果かもしれません。

しかし、相手の外見が可愛いとか美人というだけで全部を美化してしまう必要はないでしょう。

そもそも相手の女性をあまりにも崇め奉ってしまうと自分は下僕のように感じてしまいます。

まあ、女王様に対して一兵卒のような感覚でしょうか?

さて本題に入りますが14歳の中学3年生が19歳の女子大生を口説き落とした話は実話です。

普通に考えれば、ありえないはずのこの現象は科学的に解明できます。

それは相手の女性をコントロールしようと考えたのではなく自分を変えたというのが答えです。

もう少し具体的に説明すると

一般的に誰が見てもイイ女をモノにしようと思いついたときに一般的な男性の行動とは?

・当たって砕けろの精神でアタックあるのみ

・何か付加価値で優位性を持たせてアタック(プレゼントとか所有するクルマを武器にする)

・懇親の手紙を書く

・彼女の趣味とか気を惹く情報をかき集めてからアプローチ

131176

もちろんこれらがダメとはいいませんが、この場合はバランスの合わない相手に対するアプローチなので可能性は薄いと言わざるを得ません。

つまり女性をコントロールするのではなく自信を変革させるという選択をしたことが中学生の勝利に結びつきました。

14歳といえば、まだまだ将来に大きな希望が見える年齢ですし可能性を大きく伸ばすこともできます。

そのため彼は現時点のビハインドを跳ね返すべく文武の両面と自身の内面を磨くことにフォーカスしました。

だからといって将来を嘱望されていた秀才が高校に入ったとたんにグレはじめて転落の人生を歩むという話も珍しくはありませんが、この時点で彼女にアピールする条件としては充分だったということです。

他人を変えるのは大変ですが自分を変えることならマインド次第で可能です。

もちろん、それも容易なことではありませんが、変革のきっかけ次第では信じられないパワーで実行できるでしょう。

恋愛上のトラブルを解く際には

恋愛上のトラブルを解く際には、心理学がとても効果があるようです。心理学という分野は小難しいように思えるようですが、思いのほか、どんな人でもすんなり扱えるみたいです。
無料の出会い系サイトに人気が集中するのは、支払0円という気軽さじゃないでしょうか。費用を気にせず気兼ねなく使える、無料の出会い系の利用者が多いのには、そういう訳があるみたいです。
恋愛では当然のことと言えるかもしれませんが、出会い系に関しては、どんな人も恋人を見つけたくて登録しているはずなので、どんどんと信頼関係を固めていくべきだと思います。
ネットや本などでは、恋愛テクニックをどういう時に用いると効果的だと紹介されることもかなり多いはずです。よって、正しいシチュエーション、機会を察する必然性などもあるんじゃないかと思います。
出会い系サイトの無料OKの出会い系サイトは、実に重宝するし、お得に感じるでしょうが実は、無料サイトを選ぶ時は警戒すべきことが結構あるようです。
比較的単純な名称が付いているような出会い系のサイトが、サクラの少ないサイトである可能性が大いにあるでしょうね。こんな点を基準に、出会い系サイトなどを探すなどしてはいいかもしれませんね。
どんな人でも有料、無料からは無料が良いという感じになるに違いありません。出会い系サイトを使う際にもお金を払うことに対してちょっと戸惑う人が多いので、無料のものをセレクトする人が相当多くいるに違いありません。

107217
適齢期を過ぎても出会いのがないと諦めている人は、実際は出会いがないという表現は名目であって出会いに引っ込み思案になっているだけ、というような判断が正しいかもしれませんね。
特に心理学を応用した恋愛テクニックのワザは、それ以外のテクニックよりその効果を望めます。少しずつ心理学による恋愛テクニックを習ったりして、挑戦してみましょう。
恋愛用の心理学の力を借りると、自分の頭の中で解けなかった問題や手出しできなかったことに対しても、それなりに見通しが出てくる場合も相当あるようです。
このごろ、素敵な人との出会いがないと嘆き悲しんでいる状況じゃありませんよ。何もしなかったら、すぐに歳をとってしまい、ずっとシングルの30代、40代を迎えた人が大勢いると聞きます。
いまは、女性だったら、仲の良いグループとか、ウェブの恋愛相談のサイトで、様々な恋愛の悩みを言い連ねて、ストレス発散したり、解決策を出してもらっている人も沢山いるということです。
この頃はLINEの恋愛テクニックに関する回答数は、女性のものが増えていると思います。男性より、女性のほうが詳細にLINEでの交流を分かっているのでしょう。男性もしっかり理解しなくてはいけませんね。
皆さんの恋愛願望の中には外国人との恋愛に、憧れがあるのではないでしょうか。“言葉の違いを克服した恋愛”であるから、一度は経験してみたい方も多いだろうと思います。
好きな人と付き合いたい、と願望したりすることは、性別に関係なく、当たり前だと考えます。そんな想いを成就させられる恋愛テクニックなどに関して、様々紹介中です。

恋愛になれることも必要です

持てる男性、彼女のいる男性というのはどういう人だと思いますか?

彼女のできない男性がよくいう言い訳の一つに、「自分はかっこよくないからもてないんだ」というのがあります。

しかし本当にイケメンでモテる人はほんの一握りです。
ほれぼれするほどかっこいいのに、何故か浮いた噂もなく恋人らしき人もいないという男性も意外に多いのです。
女性は外見だけで男性を選ぶわけではありません。
顔は人並みだし、体型も一般的な日本人体型で胴長短足という男性でも、女性から持てている人はたくさんいます。

あの人はおもしろいから、優しくて気がきくから、などという様々な理由で女性とおつきあいしているのです。

彼女が欲しいけどできない理由が、顔だけではないということは確かです。

では何が必要だと思いますか?
経験の差というものはかなり影響していると思います。

恋愛慣れしている男性は、何をしたら女性が喜ぶのか、どこへ行くと楽しめるのか、どんなことを話せばうれしいのかなど女性に喜ばれることをわかっています。
これは場馴れの問題なので誰でも経験を積み重ねるうちにわかってくることです。

一度失恋したら人生がおしまいという訳ではありません。
一度や二度の失敗であきらめてはいけないのです。
その相手とは縁がなかったのだとすっぱり気持ちを切り替えて新たな出会いを見つけましょう。
どんなことを言ったら相手が気持ちを害するのか、怒ってしまうのか、そういうことがわかったら、次からはそういうことを言わないようにすればいいのです。

世の中にはたくさんの男性がいて、たくさんの女性がいます。
貴方と相性のいい人もたくさんいることでしょう。
そんな人すべてと出会えるわけではありませんね。
でも、積極的に出会いの場を増やしていくとそういう人にめぐり会える確率は高くなっていきます。

真剣に彼女が欲しいと考えているなら、積極的な人になりましょう。
貴方との出会いを待っている女性は必ずいるのです。
自分なんてダメだと思わずに素敵な出会いを見つけましょう。

自分磨きをしましょう

前にもちょっと書きましたが、彼女を作りたいと思ったら、自分自身も、魅力ある男性になることが大切です。

別に、魅力的になるまで何もやってはいけないということではないのですから、いろいろな出会いの場を活用しながら、自分磨きもおこなっていきましょう。

読書をしたり、スポーツをしたり…趣味が広がると話題も豊富になるので女性との会話も盛り上がることになるでしょう。

lom

でも、それ以上に仕事にも全力を注ぎましょう。
やはり社会人にとって仕事は大切なものです。それをおろそかにしていると将来のこととか考えていないのではないかと思われてしまいます。
男女を問わず、仕事に打ち込んでいる姿は魅力的です。仕事をきちんとしたうえでプライベートも大事にしている人は、結婚しても家族のことをしっかり考えてくれそうで好ましく思われることでしょう。

本人はそれほどではなくても、ご両親は仕事が出来るということを高評価する方が多いです。
結婚をしたいと思う相手のご両親からは認められた方がスムーズです。
といっても、仕事をきちんとするのは誰かのためではなく自分自身のためです。楽しんでスキルアップをしていきましょう。

他には、日曜大工のスキル、家事のスキルなども身につけると良いでしょう。
何も立派な芸術作品を作ることを目指すわけではありません。
ちょっとした棚を作ることが出来たり、家の中の家具の組立てができる程度で大丈夫です。
近頃は組み立て式の家具も増えています。
日曜大工のできる男性は女性から尊敬されます。

また共働きが一般的となっている現在、家事は女性だけの仕事という感覚ではなくなっています。
料理、洗濯、掃除など男性も家事を求められる時代です。
自分磨きとしても役に立つので、少しずつでも挑戦していきましょう。
料理などははまるとプロ並みの腕前を披露してくれる男性も多いです。
料理人のプロは男性が多いですよね。何かを作り上げるという行為は男性も好きな方が多いのでしょう。

出会いのきっかけを増やしましょう

彼女が欲しいと部屋の中で考え込んでいて彼女が出来るでしょうか?
ドラえもんでも出てこない限りありえない話ですよね。
ドラえもんに助けてもらえない私たちは自分で行動をしなくてはいけないのです。

人との係わり合いは「出会い」から始まります。誰かと出会わなければ何も始まらないのです。

彼女を作りたければ、まずは彼女になって欲しいと思えるような相手に出会わなければいけません。

そのためには出会いの場が必要になってきますね。
今の環境で彼女が出来なければ、その環境を見直して積極的に行動するだけでも出会いの数が増えるでしょう。
さらに出会いの場が増えるように新しい場を探すための行動も必要になってきます。

出会いのチャンスが多ければ彼女が出来る確立も高くなっていきますよね。

そんな出会いの場を作るためにはいくつかの方法が考えられます。

学生の場合はクラス、サークル、合コンなど、同じ学校内だけでなく、他校との交流もあるでしょうから出会いの場はたくさんあると思います。
そういったところへ積極的に出かけていって多くの人とあって話をするとよいでしょう。

社会人になると時間の制約もありますし、なかなか出会いの場なんで作ることが出来ないという方もいるかと思います。
でも、学生時代の友人に紹介してもらうとかスポーツクラブに通ってみるとか、ネットでコミュニティを探してみるなど、いろいろな出会いのきっかけがあると思います。
友人の結婚式の二次会なども出会える可能性の高い場であると思います。

恋活をしたいのか、すぐにでも婚活をしたいのかで利用する媒体も変わってくるでしょう。
社会人になると合コンの機会も機会も少なくなるでしょうが、最近では街コン・バスコンなど業者が定期的に行っていたりするので、友人に頼むのも気恥ずかしいという方は積極的に利用すると良いでしょう。
案外知らない人ばかりの環境の方が、気楽に参加することが出来るかもしれないですね。

いい人で終わらないために

彼女が出来ないという人にもいろいろなタイプがありますが、全く女っ気がないわけではなく、いつもなんとなくよさそうなところまではいくのに、結局は良い人で終わってしまって彼女が出来ないという男性も多いかと思います。

女性と仲良く話をすることはできるのになぜこうなってしまうのだろうと考えている方もいるかもしれません。
このままいけば恋人同士になるはずだと思っていたのにいつの間にか単なる相談相手になっていて、彼女の恋愛相談に乗っていたりとか覚えがある方もいるのではないでしょうか。

いい人で終わってしまう男性の傾向として、押しが弱いということがあげられると思います。
女性は基本的には頼りがいのある男性を好むものです。
女性のほうでも好意を持っていたとしても、なかなか自分のほうから告白をすることはありません。
あなたの方が煮え切らない態度をしていると、あなたの気持ちがつかめず、そうこうするうちにタイミングを逃してしまうということがあります。

自分が相手のことを気になっているのであれば、それを積極的にアピールしていかなくてはなりません。
デートに誘い、いつも話しているような世間話ばかりするのではなく、恋愛感とかデアイケイサイト選び方chとか二人のムードが盛り上がるような話をするといいでしょう。
いつもの友達としての会話から一歩踏み出した話しをするわけですね。

ただし、気をつけなくてはいけないことがあります。
積極的になろうとして自分のばかり話しをしてはいけません。
相手の反応を見ながら話すことが大切ですが、自分はこう思うけれど○○さんはどう?とか、○○さんは彼氏とどんなところへいって見たい?とか、相手の話をうまく引き出してあげるような言葉を大目に使うといいでしょう。

はにかみやさんやおとなしいタイプの女性でも、自分の話を聞いてもらうのが嫌いな女性はまずいないと言えます。
大勢の前では恥ずかしがってなかなか話せない女性でも、1対1で一生懸命に聞いてくれる相手に対してはスムーズに思っていることが言えたりします。
そんな時女性は相手に対して好感度が上がります。
いい人で終わらないために女性との接し方を少し変えてみませんか。

返信率を上げるメール方法

返信率の高いメールには、一定の法則がある
逆に低いメールにも同様のことが言える
絶対条件として言えるのが、イケメン画像をプロフに貼っていれば、好感度は得られるということ
ただし、このブログを見ている人はブサメンだろうから、他のポイントでプラスにしていかなければならない
そうなると、タイトルの付け方が重要になってくる
こんにちわで返信が返ってくるのは男前のみだ
相手が貴方に興味を持っていない限り、ありふれたタイトルのメールはスルーされる
出会い系なんてやっているクズ女へ!みたいな題だと当然見てくれるだろうが、二度と返事はもらえない
しかし、このようにタイトルを工夫するだけで、未読のままスルーされることはない
あと、メール自体の内容も考えて見よう
今日ご飯を食べた話など、女性であれば許されるが、男性諸君がそのようなことを逐一相手に報告しても面白くもなんともない
親近感も重要になる
相手の名前をメール本文につけるのも良いだろう
とにかく、内容が思いつかないのであれば、HOWTOサイトなどを見て勉強するしかない
若しくは書店に行って、女性にモテる心理学みたいな本を読めばいいだろう
復縁を考えている人にも同じことが言えるが、最後は質問するのも良い方法になる
相手から返事を確実に貰えるのは、義務感を与えることだ
X今日これからお風呂に入って寝ます
○これからお風呂に入って寝ます ○○さんはまだ起きてますか?
まぁ、相手に気が無ければ寝ますで終わるのだろうけど
最終的にはランチェスター戦略を使って見るのも悪くない
ただし、同じ相手に使うのは厳禁になる
色々な女性メールを送って見て、返事をくれる人だけ集中的に狙う
世の中には、貴方の顔をタイプと思う人間が、身近だといないかも知れないが、全国だと少しくらいはいるはずである
ランチェスター戦略とはこの記事が詳しく書いている
とにかく下手な鉄砲数打てば当たるではないが、可能性の低い人にポイントを使うよりはマシだろう

彼女を作るために

彼女が欲しいと思っている男性はたくさんいると思いますが、ひと口に彼女が欲しいと言っても、漠然と誰かと付き合うことが出来たらいいなあと思っている人から、今好きな人がいて、その人と付き合いたいと思っている人まで、彼女が欲しいという気持ちにも様々な段階があると思います。
でも、彼女になってくれるのなら誰でもいいということはないですよね。

それでもいいから彼女が欲しいと考える人は、一度考え直した方が良いと思います。
とにかく一度でもいいからデートして…などというのは相手に対しても自分自身に対しても失礼です。心から楽しむことはできないでしょう。
人生は一瞬ではありません。
彼女が欲しいということは、将来的には人生の伴侶が欲しいということですよね。そのためには行動しなくてはいけません。

まず、今までの生活では出会いがなかったわけですから、出会いのチャンスを自分で作らなくてはいけません。
家と学校や職場の往復だけでは出会いなどないですよね。お休みの日は積極的に外出しましょう。
ナンパを推奨するわけではありませんが、行動を変えると気分も変わるので、今まで気が付かなかったものも見えてくるでしょう。

545825

次に、家にいるのではなく外に出かけていくわけですから、身だしなみに気を使ってみましょう。
内面が良ければそれでいいはずだと思うかもしれません。
でも、第一印象はやはり見た目で決まります。
反対の立場で考えたとき一緒に出掛ける場合に、寝起きのままで髪もボサボサな相手とは出かけたくないですよね。
顔の良しあしというよりもまずは清潔感が大切です。
歯を磨くとか爪を切るとかお風呂に入って体臭を消すとか基本的なところからなおざりにしないようにしましょう。
ファッションも、ゴテゴテ飾る必要はありませんが、相手が好印象を持つような服装をするようにしましょう。
雑誌や、お店の人などの意見も参考にすると良いでしょう。

また、内面的なことも大事です。見かけは素敵でも内面が空っぽだったら長く付き合っていこうという気にはならないと思います。
趣味を持つことは良いことですが、それだけではなく世間で起こっているいろいろなニュース、スポーツ等幅広く情報収集をするようにしましょう。
好奇心のアンテナを張っておくといろいろな情報が集まってきます。
話題が豊富だと、会話も長続きします。

つまり、自分が探さなくても相手から選ばれるような魅力的な人間になることです。
女性はやはり、仕事が出来るとか、スポーツが得意だとか、あるいは何でも知っているとか…尊敬できる相手に好意を持つものです。
がつがつと必死になって女性を探そうとするのではなく、自分磨きをして自分の魅力を発見しましょう。
よりステキな彼女が欲しいと思ったら、自分もより魅力的になることが大切ですね。

メールが続けるために必須なこと

せっかく相手から返信が来ても、全くメールが続かない
嫌がられるようなメールや、返信したくないような内容だから相手もメールを送ってこないってことになる
例えば、僕は嵐のメンバーです。ジャニーズ事務所には内緒にしておいてね
こんな文章が送られてきたらどうだろうか?
普通の感性を持っている人間であれば、アホに思えて返信しない
ところが、写真付きで、さらにその写真に貴方の名前を書いているメモを持ってる本人画像だったらどう思うか?
嵐のことが好きな人だろうが、どうでもいい人だろうが、絶対に返信をするはずである
これは芸能人というプレミアム感で、相手の興味を引いているわけだが、一般人には到底出来ないことになる
では、何の取りえの無い皆さんが、メールを続かせるにはどうすればいいか?
まず、メールを頻繁に送りすぎないことである
女性からメールが来たら、誰だって嬉しいのはわかる
しかし、だからといって、あまりにも力を入れすぎて、10分置きにメールをしていたら途端に嫌がられる
サクラであれば、喜ばれるのだろうが、普通の人なら嫌われて当然なのだ
あと、格好をつけて自分のアピールをする人も多いが、これもNGになる
相手は寂しいし、誰かに何かを聞いて欲しいって気持ちを持っている
それなのに、延々と貴方の話をされていたら、フラストレーションがたまる
前述した嵐であれば、自分の知らない世界なので、話を聞くのは苦痛にならないが、貴方の話など何処にでもあるような内容
ただの自慢話あればあるほど、ウンザリしてくるのだ
それ以外には、女性が送ってくるメールの中には、物凄く愛想の無いものもある
見ると腹が立って仕方ないのもある
そんなときでも感情を出すことなく、相手をしてあげた方がいいだろう
別に怒っても構わないが、二度とその人とはコンタクトが取れないので良いというのが条件になる

SNSでもリアル感を出したほうがいい

SNSを利用するにあたり、やはりリアル感を出したほうが良い
例えば、貴方が掲示板へ投稿して、返事が返ってきたときに、どちらの方が安心できるか?
キャサリン?田中真奈美?
もちろん後者だろう
ただ、一つ間違えれば、スパムメールなどで使われている手法なので(本名に近い名前を利用するので)その点は注意したい
趣味の欄も同様のことが言える
スノボー・スキーが趣味であれば、何となく共通しているので理解を得られる
ところが、スノボーに読書、音楽鑑賞など多趣味を書いてしまうと、明らかに嘘っぽく見えてしまう
実際リアルでも、このような幅広い趣味を持っている人はいないだろう
勤務先や、何をしているかも・・・個人的には本当のことを書いたほうがよい
どうせ嘘をついても後でバレることになる
まず、IT企業という言い方は避けたほうがいいだろう
馬鹿に限って、やたらインターネットの会社で働いていると書きたがる
ベンチャーで話題になったからだろうが、リアルでIT関連の会社で働いているなら出会い系などやっている時間がない
さらに、見栄をはっているように思われる
運送会社勤務としたらどうだろうか?
親近感がわく感じがする
ただし、人気の無い職業になるので注意
出会い系とは、人と人との繋がりをネットで結ぶものなのだ
だから、怪しいと思われると、一切のコンタクトを遮断される恐れもある
援助交際などの募集を考えて見て欲しい
相手が嘘をつくメリットが無いし、話が早いため男女ともに確実に会うことができる
ワクワクメールを利用した神待ちも同様のことが言える

掲示板の投稿履歴を見るだけで、ワクワクメールがどのようなサイトなのか
信じられない光景が目に入ってきます

信じられない光景とは援助交際が行われているということなのだ
ここで正直に本名などを書けば、速攻で売春で逮捕される
もっとも、未成年でない限り、暗黙の了解なのかも知れない
真面目な出会いを希望するなら、とにかく嘘をつくのはやめ、きちんとしたプロフィールを書くべきだろう